MENU
目次
アーカイブ

【転職が辛い時期の乗り越え方】30代転職経験者が語ります。

この記事では、転職で日々辛い時期をお過ごしの方のために、

ストレス発散方法モチベーション維持の手段をご紹介したいと思います。

はじめに、僕の自己紹介からさせていただきます。

自己紹介
  • 小企業→中企業→上場企業に転職した経験があります。
  • 転職毎に職種を変え、入社後にも職種が変わることもありました。
  • 経験職は、販売/購買/営業事務/商品企画/企画営業/ルート営業/技術営業
  • 転職にかかった時間は平均1回3ヶ月程です。
  • ひとつひとつの歴は浅いですが、ある程度の経験をしました。
ダイのすけ!

下記でも転職のお悩みを相談する重要さを説明しています。
合わせて読んでいただきたい記事です。

あわせて読みたい
【転職のお悩み相談】誰に?何を?窓口ランキングを作ろう。
【転職のお悩み相談】誰に?何を?窓口ランキングを作ろう。転職ってホント体力と精神力を削がれますね。『もう2度と転職はできないわぁ・・・』なんて思っていたら数年後また転職活動してます。ということも珍しくないですよね。...

この記事を読んでくださっている方の中には、初めての転職の人、2回目の転職の人も

いらっしゃるかと思います。

僕も複数の転職経験がありますが、

やはり転職は何度やっても辛いです。

体力と精神力の両方を2倍消費するイメージでしょうか。

そして、先の見えない不安がさらにのしかかって辛さ倍増ですよね。

その解消法ということで、さっそく次の章で辛い転職を乗り越えるための手段をご紹介いたします。

目次

辛い転職を乗り越える方法~体力編~

転職活動は、現職の仕事をこなしながら行うことが基本です。

1日・・・例えば9時~17時勤務+残業2時間+帰宅後の食事等を済ますと、

単純に転職に当てられる時間は大体21時頃からでしょうか。

(仕事の休憩時間や合間に転職情報集めすることを前提にしています。)

疲れて眠いしだるいしで、職務経歴書の修正や企業研究、選考連絡なんて

とてもじゃないけどできません。

更に平日仕事の場合とシフト制の場合とでも大きく異なります。

ダイのすけ

僕がシフト制だった頃の転職は、割とスムーズに選考に進めました。

なぜなら、平日の面接でも、自分は休みの日に調整できるからです。

僕が経験した感覚では、特に平日仕事の場合は体力的にしんどかったと思います。

ここで、体力的な辛さを解消する方法を下記に記します。

僕はこれで辛い転職を乗り切りました。

体力的な辛さを解消する方法①

転職エージェントに無料登録して転職にかかる作業のほとんどを任せる

⇒転職エージェントは無料でサービスを受けられるので、まずは登録しました。

1対1でカウンセリングをしてもらい、職務経歴書の作成・添削、転職先の選定、

選考の日程調整、選考の進退連絡までやってもらえます。

自分のパーソナリティをエージェントが理解して、

こちらでやらなければならない作業のほとんどを任せられるので非常に助かります。

上記の面で特に僕がお世話になったエージェントを下記リンクに記しますので、

是非、登録してみてください。

マイナビエージェント
面談から応募までの流れ
専用の個別面談ルームにて、業界別専任のキャリアコンサルタントがじっくりと話を聞いてくれます。
パーソナリティーや将来のキャリアプランも考慮した上で、可能性を最大限発揮できる求人を「非公開求人」を含む多数の求人情報の中から紹介。キャリアコンサルタントに相談しながらじっくり選べます。もちろん、応募するかどうか、その場で即答する必要はありません。

また、マイナビエージェントでは、各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない詳細な情報を入手しています。下記はその一例ですが、できるだけその企業や業界について深く理解した上で、応募先企業を決めることができるので安心です。

* 求人企業の社風や雰囲気
* 求人企業や業界の成長性・動向
* 入社後のキャリアパス(5年後、10年後…)
* 書類選考通過/面接通過の難易度・通過率
* 採用のポイント
* 働く環境(平均残業時間・育児休業取得実績など)

体力的な辛さを解消する方法

思い切って仕事がある日は転職作業をしない

転職活動の中で、重要なポイントは面接です。

毎日仕事前や仕事終わりに根を詰めて作業をしたら、健康状態が悪くなり、

更に顔色が悪くなるといった悪循環に陥る可能性大です。

面接で爽やかな印象を与えたいのに正反対の成果になってしまうので、

僕はメリハリをつけて転職活動を行うことにしました。

※仕事の休憩時間や合間時間のちょっとしたネットサーフィン程度の作業は

やっていても問題ないです。

体力的な辛さを解消する方法

休日の朝7時から10時までの時間で集中して作業する

僕はこの作業だけで転職を成功させてきました。

朝の集中できる時間、そして終わった後にリフレッシュできる趣味などを

すると、体が楽になりますし、気分もよくなります。

実体験ですが、根を詰めすぎると精神状況にも影響をあたえますので、

リフレッシュできる時間を十分に残して、集中的に作業をすると

精神安定に繋がります。

休日はダラダラして完全に肉体を休めたいところですが、ほんの2~3時間です。

毎日根詰めするより、よほど文化的な生活ができて精神の安定に繋がるので

おすすめします。

辛い転職を乗り越える方法~精神編~

体力編でも述べた1日のスケジュールは同じですが、

更に現職がブラックな環境だと精神の消耗は体力面以上に辛く感じると思います。

ここでは精神面での解消法をお話いたします。

精神面の辛さを解消する方法①

転職支援サービスを利用して、自分の価値を知りモチベーションを整える

転職サービスの中で、自分の市場価値を算出してくれるものがあります。

市場価値診断なら、ミイダス! 3分でキャリア診断!日本初AIキャリアシミュレーション『VIEW』

僕は辛い転職時期を、上記の転職サービスを利用して

モチベーション管理をしました。

今の仕事の種別や年収を入力し、年齢入力やパーソナル診断を行うと

自分の今の市場価値が算出されます。

また想定年収や適正のある業界・職種を表示してくれます。

隙間時間の5~15分程度で入力ができるので

モチベーション維持のためにもやっておくべきです。

精神面の辛さを解消する方法

汗をかくこと

僕は運動部出身者ということもあり、これをものすごく推したいと思います。

運動には、ネガティブな気分を発散させたり、こころと体をリラックスさせ、睡眠リズムを整える作用があります。

厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/stress/self/self_01.htmlより引用

厚生労働省でも説明されている通り、単純明快な解消法です。

僕個人としては、運動でなくても、汗をかくことでリラックスできると思っています。

例えばサウナです。(施設に行かなくても、ご自宅のお風呂でも汗はかけますね。)

上がったあとのスッキリした気分は、十分なリラックス効果があると思います。

簡単にできますし、気分転換と思って試してみてください。

精神面の辛さを解消する方法

感情を表に出せる何かに触れる

例えばですが、感動的な映画を鑑賞すること。またはホラー映画を鑑賞すること。

自分の内にある感情を引き出してくれる何かに触れることは、

精神を安定させてくれる薬だと僕は思います。

最近では「涙活(るいかつ)」と呼ばれているみたいですね。笑

職場環境がブラックで、拘束時間も長い。

そして転職活動しなければいけない。本当に転職できるのかわからない不安。

僕はこの状況を味わいましたが、精神はとても不安定です。

ですが、同時に感情が表に出てこなくなるんですよね。

この状態だと、選考に支障が出る可能性が高くなるので、

人間本来の喜怒哀楽を手放さないように心がけることが、

精神安定にも転職成功にも繋がるはずです。

おわりに

以上が、僕が辛い転職活動を乗り越えた方法です。

皆様の何かにすがりたいという気持ちに対して、僕は理解者だと自負しますが、

この記事を読んでいただいてもまだ足りない場合は、

身近な大切な人が最後の砦となるはずです。

1人で抱え込まずにどんどんすがっていきましょう。

何もできない無気力状態が一番の敵です。

そこに陥らないよう、いくつもの対策を用意して転職活動に励んでください。

皆様の転職が爽やかに完結するよう祈っております。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる