MENU
目次
アーカイブ

【適職診断】もっと早く適職を知っていたら、転職は難航しなかっただろう。

タイトルの通り、僕は転職活動の時

特に転職エージェントとの面談や、

転職の準備段階で、適職診断をしっかり

行わずに進めていた時期がありました。

最初の転職の時です。

なぜ難航したかというと、業界と職種を絞りきれていない状況で、エージェントに任せっきりで転職活動を行ったからです。

そのため、バラバラの業界に応募して、志望動機や面接での対応に困りました。

結果、お祈りが続き難航したということです。

転職エージェントの人はとても良く動いてくれていましたが、やはり自分自身の目標がはっきりしていないと、向こうもどうやってサポートしていいかわからないみたいです。

僕が適職診断を利用したのが、2回目の転職からでした。

利用してみた感想は、

スタートのスピードが全く違いました。

自分の性格や価値観について、質問に答えていく作業10分程

更に別の適職診断を併用し、現在の年収と転職後の年収の比較データを算出してもらうこともできました。

以上の情報をもとに転職エージェントとの面談では、初めから業界と職種を絞れているので、

求人紹介や職務経歴書の添削がスムーズにいきました。

(※転職エージェントに関するレビューはこちらからご覧いただけます。)

本記事でお伝えしたい事、それは

転職エージェントに任せっきりで転職に成功するほど、世の中甘くない!

ということです。

転職をするということは、今の会社で何かしらの原因があって、次の会社を求めることだと思います。

ですが、やはり社会人たるもの

自分の意思の伝達や、前準備が大切です。

僕のはじめての転職は、受け身で、学生が授業を受けるような姿勢でエージェントに頼っていたことで、難航しました。

これを読んでくださっている方だけでも、

もしそのような方がいらっしゃったら、

僕のようになってほしくないと思い、

この記事を書きました。

目次

適職診断サービスとは

Dainoske

様々な転職エージェントや転職サービスで、利用できるサービスです。
モバイルアプリ形式のものもあります。

ご自身の価値観や現在の職務状況、または希望条件を入力していくと、求人データベースに合わせてマッチングしてくれる等のサービスです。

実際に適職診断をやってみる

今回はマイナビのジョブリシャス診断を参考にしています。

https://tenshoku.mynavi.jp/opt/joblicious/より引用

このような形式で問いに答えていきます。

ちなみに僕はこのタイプでした。

ここまでに10分もかかっていません。

ここからは基本的な性格の分析情報の提示をしてくれますが、会員登録が必要になります。

基本的には既に転職エージェントに登録していると思いますので、そのまま会員ID等入力してもらえれば、

更に詳細を知ることができます。

詳細とは、

登録後に知れる詳細
  • イキイキできる仕事環境
  • 仕事での強み弱み
  • 相性のいい上司、同僚、部下

etc・・・

まだマイナビに登録していない方は、

下記から登録に進めますので、是非試してみてください。

↓↓↓↓↓

適職診断の利点とは

適職診断の利点
  • 自分の仕事タイプが客観的にわかる
  • 自分の性格が客観的に把握できる
  • 上記を踏まえて適正の業界や職種が知れる
  • サービスによっては、会社とマッチングしてくれる

以上で、適職診断のサービス内容についてある程度把握できたかと思います。

次は、僕が2回目の転職活動でお世話になった適職診断をご紹介します。

おすすめの適職診断サービス

僕のオススメする適職診断サービスは以下になります。

おすすめサービス①

ミイダス

転職アプリのミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にフィットしたオファーを受け取ることができます。

https://miidas.jpより引用

アプリダウンロード後は、上図のようにプロフィールや職務経歴を入力する画面に進み、これがユーザー登録になります。

入力するごとに上部の

「合致した企業」「オファー年収」「面接確定オファー」の数値が変動していきます。

Dainoske

入力する度に数値が跳ね上がるとワクワクします!
またデザインも良くできていて快感です。

これだけでも十分自信がつきますが、まだまだサービスは終わりません。

登録後は、企業からのオファーやマッチング度に合った企業のリストアップをしてくれます。

また下記のように、様々なデータを検索できる他、

更に下記のように、コンピテンシー、共感スキル、パーソナリティ診断を行えます。

自分を多角的に、そして現代の社会に合わせて診断してくれるサービスです。

これひとつで事足りる程、充実した機能性があります。

下記から登録できますので、是非ご活用ください。

↓↓↓↓↓↓↓

おすすめサービス②

AIシュミレーションアプリ「VIEW」

アプリ上でユーザーの経歴と価値観を登録すると、VIEW AIがキャリアを診断してくれます。

ユーザーの価値観に合う職業がわかり、生涯年収やロールモデル等から、そのキャリアを選んだ先の未来を知ることができます。

https://assign-inc.com/news/367/より引用

ミイダスと同じく、プロフィールと現在の職務経歴を記入します。

その後下記のような性格診断が行われます。

実際の時間感覚としては3分ポッキリです!

その後は自分のパーソナリティや自分に合った業界と職種をランキング形式で表示してくれます。

上記のように表示してくれるので、非常にわかりやすいです。

登録後のメインメニューも下記のように、わかりやすくなっています。

自分の進む道を瞬時に教えてくれるのは、転職で悩んでいる身からして非常に助かりますよね。

下記からダウンロードできます。

↓↓↓↓↓

いかがでしたか?

他にも様々なサービスがありますが、今回は特に僕が助けられたサービスをご紹介いたしました。

僕の場合、2回目の転職活動で上記サービスを利用したことで、転職エージェントとの面談がスムーズにいきました。

目標が明確なので、エージェント担当者との共通の認識を持ってサポートしてもらえました。

これは1回目の転職と全く異なる点です。

やはり、自分のはっきりとしたビジョンを転職エージェントに伝えるべきだと感じた瞬間です。

そのためにも適職診断は重要なコンテンツだと思い知らされました。

まとめ

今回のまとめはこちら。

まとめ
  • 転職するなら受け身になるな!
  • 転職するなら適職診断は必須!
  • 診断をもとにエージェントと交渉すること!

これにつきます。

みなさんも是非お試しください。

みなさんの転職活動がよりスムーズになることを祈っています。

こちらも合わせて読んでおきたい記事です。

あわせて読みたい
【20代後半・30代で転職成功】利用しておきたい転職サービス 20代後半から30代の転職希望者は、どのように転職活動をしたらいいのでしょうか。 社会経験は5年以上。 この時期の転職は大きなターニングポイントになります。 妥協し...
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる