MENU
目次
アーカイブ

【職業レビュー】販売職

今回は職業レビューということで、僕が以前経験した職種の「販売職」を記事にいたしました。

これから就活や転職で情報を集めてる方の参考になれば幸いです。

職業適正と称してチェックリストを作っておりますので、あてはまるかお試しください。

はじめにご案内

本記事は僕の経験したものを基に書いております。

そこだけご了承ください。

次に自己紹介をさせていただきます。

目次

販売職とは

販売職は、主に店舗で商品(有形商材)を販売する仕事です。店舗への来客者に対して接客し、商品購入のサポートを行います。

転職・求人情報サイトtype様より引用

消費者に対して、自社商品を購入してもらうために、自社商品知識はもちろんのこと、他社商品との比較(卑下することはNG)、業界知識を携えて接客販売を行います。

これら踏まえて接客する技術として、いわゆるセールストークがあります。

これが達者な人はよく売ります。

よく売るということは回転率も良いということです。

短い時間で、そして鋭い決まり文句で、多くのお客さんに接客して販売することが出来ているからですね。

ですが、ここまでは平均的な販売員の範疇となります。

販売成績のトップになる人は
リピーターを常に増やしています。

あの人の接客だから買いました!

あらやだ!奥さん、まだその商品使ってるの?
あの人のところの商品の方が良品よ!

こうして消費者ネットワークへの種まきを行うことで、
更に商品が売れるというシステム構築を行っています。

比較的当たり前な事ですが、これを接客で実際にやってみると意外とセンスが必要だったりするんです。

上には上がいて、更にすごい販売員の方はいらっしゃると思いますが

基本的にはリピーターをつけてこそ会社に評価されるといっても過言ではありません。

販売職の本業はこれに尽きると思います。

販売職の仕事

販売職の仕事内容リスト
  • 接客販売、レジ会計、配送手続き
  • 店頭在庫、棚卸、発注
  • セール、値札作成、チラシ原稿作成
  • 問合せ、クレーム対応
  • 店舗レイアウト
  • 売上報告
  • 店頭整理
  • 従業員のマネジメント

基本的には上記リストの内容が販売職の1日の仕事内容になると思います。

Dainoske

販売職は現場でお客様への対応をしながら、
こんなに多くの付帯作業があります。

販売職への就職を考えている方
いかがでしたでしょうか。

これらの作業量は多いと思いますか?少ないと思いますか?

基本的にはこれらの作業を各従業員ごとに分担して作業を行いますので、負担は少ないと思います。

ですが一通りこなせないと、現場では一人前とは認めてもらえないでしょう。

販売職の仕事は、体を使う仕事と頭を使う仕事が混在しています。

これらは、自分の適正がある作業を積極的にやれば更にキャリアアップに繋がる宝庫です

また、自分の裁量・やる気次第で仕事を任せてもらいやすいところが販売職の良いところです。

他の職種となるとこれだけバイタリティがある職種はほぼありません。

転職で販売職を考えている方にはこういったところもオススメポイントとなります。

販売職の一日のスケジュール

一日のスケジュール
9:30
出勤(店舗形態による。テナントor路面店)
9:45
朝礼
  • 前日の引継事項
  • 連絡事項
  • 発声
10:00
開店

開店までは清掃作業、開店後は販売接客・事務作業

12:00
昼休憩(状況によって前後する)
13:00
接客・販売

間休憩30分

18:30
退勤

接客状況により延長することもあり

Dainoske

勤務形態はシフト制です。
なかには、早番と遅番の間、「中番」もありますね。

販売職レビュー

販売職レビュー
  • 販売したお客様が喜んでくれて、リピーターに=やりがいを感じる
  • 売上を作る⇒会社の評価が上がる⇒昇格がスムーズ
  • 現場のチームワークの心地よさ
  • ひと通り1人で仕事ができるようになり、
    興味のある仕事に積極的に取り組める=キャリアアップの可能性
Dainoske

僕の場合は管理関係の仕事へ
キャリアアップを考えていました。

会社からの評価は、他の職種より比較的良く見られる傾向にあると思います。

ですので、現場でしっかり売上を作り、自分に必要な業務をしっかり身につけることで、更にキャリアアップを図ることが可能な職種だと感じました。

Dainoske

個人的には、友達と休みがあわなかったことは少し残念でした。
ですが、年をとるにつれて些細なことだと思い始めました。

【職業適正】向いている人向いていない人

向いている人
  • お客さんが喜んでいる姿を直接見て、喜びを共有したい人。
  • チームワークで仕事をしたい人。
  • 販売実績という結果や自分の実力を示したい人。
  • 現場から管理部門に地道に進みたい人。
向いていない人
  • 体力に自信がない人。
  • 自分1人の力でキャリアアップしたい人。
  • 自分のペースで仕事をしたい人。
  • プライドが高い人。

獲得可能なスキル

この章では、今後転職をするときに職務経歴書に書ける販売職のスキルを解説いたします。

※この記事を読んで、職務経歴書の記入に参考にしてくださっている方、あくまで実際にご自身が身につけた上で、職務経歴書にご記入下さい。

また、下記一覧は店長クラスの場合です。

獲得可能なスキル一覧
  • 接客・販売
  • 電話応対
  • クレーム対応
  • 店舗管理・店舗運営(発注・在庫・売上)
  • 生産管理システム(pos等)使用経験
  • マニュアル作成
  • マネジメント経験(部下○○人)
  • 販売促進・商品企画に携わった経験
  • 商品・サービス・技術の知識
  • 店頭レイアウト作成(excel・図面作成ツール)
Dainoske

まだまだ掘り下げていけばたくさんあると思いますが、代表的なスキルはこのくらいです。

評価

本章では僕の今までの経験職種に基づく

個人的5段階評価をつけています。

転職の参考にしていただければ幸いです。

内面的評価
楽しさ
ない
ある
やりがい
ない
ある
責任感
ない
ある
束縛度
ない
ある
ストレス
ない
ある

※楽しさ、やりがい、責任感、束縛度、ストレスを高低で5段階評価

外面的評価
社会的地位
低い
高い
裁量
低い
高い
休日
ない
ある
残業
ない
ある
給料
低い
高い

※社会的地位、裁量、休日、残業、給料を高低で5段階評価

まとめ

今回は僕の経験職種の中にある販売職のレビューということで
記事を書かせていただきました。

販売職についてのまとめ
  • 販売職とは、多くのリピーターをつけ、多くの販売をする仕事
  • 仕事は多岐に渡るが、キャリアアップに最適
  • 評価はされやすいので、出世は早い

そして、僕がこれまで経験した職種の中で

販売職は比較的ストレスが少ない職種です。

接客に追われることは多々ありますが、その度に色んな人と交流ができます。

そして良い人のほうが圧倒的に多いですし、更に販売もできたときの達成感もあるのでストレスを感じることもありますが、それと同等以上のやりがいや楽しさがあります。

Dainoske

オフィスワークや管理部門経験の方や
一から仕事をしたい人にオススメしたい職種です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
【小売からの転職】実体験をもとに成功の秘訣を教えます! 僕は、大学卒業後の第1社目に小売業の会社を選びました。 なぜ大切な新卒のカードを小売に使ったのかというと・・・ ・自分の興味がある分野(アパレル)だったこと ・...

社会・経済ランキング にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる