MENU
アーカイブ

20代で2回利用した大手転職サービスをレビュー【リクナビ・マイナビ】

転職活動を始めるなら、まずは転職サービスに登録するのは・・・必須条件ですよね。

転職サイトで情報収集、応募することも、転職エージェントで一連の流れを任せることもできます。

今回の記事では、僕が20代で2回転職した時に利用した大手転職サービスについて

僕なりのレビュー記事を書きたいと思います。

まず初めに、20代2回目の転職を始めた時の僕のスペックを一応ご紹介いたします。

当時の僕のスペック
・28歳(当時奥さんと1歳の子供がいました。)
・2社目(アパレル系販売職から別業界の事務職に未経験転職)
・保有資格なし(自動車免許くらいしかありません。)
・スキル→販売・接客、Excel・Word(一般レベル)
・転職理由→キャリアアップと収入アップ
・転職先の希望→経験業界の企画職(将来的に企画職になるのも可)

上記が2回目の転職を始めた当時の僕です。

転職を始めた理由は上記の通りですが、その裏には

「子供にかっこいいお父さんと思ってもらいたい」というヨコシマな気持ちもありました。笑

もし、当時の僕と同じ状況の人がいたら、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事はこんな人におすすめ!
  • リクナビとマイナビの転職サービスの使いやすさを知りたい。
  • エージェントとサイト(アプリ)のどっちにしたほうがいいかわからない。
  • 20代2回目の転職でも成功できるか知りたい。
目次

大手転職サービス2社!

早速ですが、僕が利用した転職サービス2社【リクルートとマイナビ】のご紹介をさせていただきます。

テレビCMなどの広告で有名な2社です。安心して利用できる転職サービスだと思います。

リクルート

  • 全国各地で求人取扱い
  • 新卒から転職まで幅広いジャンル別にサポートが充実
  • 独自の適正診断サービス
  • 履歴書や職務経歴書のフォーマット完備
  • 転職成功実績トップの強み
  • スカウト機能の充実

マイナビ

  • 全国各地で求人取扱い
  • 新卒から転職まで幅広いジャンル別にサポートが充実
  • 独自の適正診断サービス
  • 履歴書や職務経歴書のフォーマット完備
  • 非公開求人多数の強み
  • 「IT業界特化」などの特化サービスが特徴

ご紹介するまでもなく有名な転職支援企業だと思います。

どちらも紹介するとなると、大手であるが故に同じ内容になりますね。笑

転職者にとってわかりやすくて必要な情報、そして知りたい情報が充実していることが大手である理由の一つですね。

ちなみに今回は比較記事ではなく、僕のレビュー記事になりますので、おすすめ度などの評価はしておりません。

大手転職サービスを利用した感想

今からお話しする2社は最大手ということもあり、登録するだけで安心感がありますね。

2社には、転職サイトと転職エージェントの異なるサービスがあります。

転職サイトは自分のスマホ1つで転職活動を進めていけるメリットがありますが、労力がかかるデメリットがあります。

転職エージェントは、労力がかからないメリットがありますが、アドバイザーとの共有や打ち合わせの難しさがあります。

これからリクナビとマイナビの「転職サイト」と「転職エージェント」に分けて、僕が実際に利用した時の「率直な感想」と「良かった点」、「物足りなかった点」を記します。

リクルート

転職サイト(アプリ)

■率直な感想

  • スマホアプリの画面が見やすいデザイン。そして使いやすい簡単な操作性になっている。
  • アプリだけで履歴書や経歴書を作れるから簡単に転職活動できる。
  • 転職ノウハウがわかりやすい位置に配置されている。

■良かった点

  • アプリがとにかく使いやすいので、求人検索や企業研究に加え、応募や選考にもストレスがない。

■物足りなかった点

  • 特になし。
転職エージェント

■率直な感想

  • 20代くらいの若手のアドバイザー起用が多かった。
  • 相談を聞いてくれるというより、職歴と能力をデータと照合して求人を多く提案してくれる。
  • ハードルの高い求人に応募しても、全力で営業をかけてくれる。
  • 熱心な印象

■良かった点

  • 応募から選考、内定までのスピードが早い。アドバイザーのレスポンス力が高い。

■物足りなかった点

  • 「自分に合った転職アドバイス」が欲しかった。
Dainoske

リクナビのアプリが非常に使いやすいので、登録しておいて損はありません。
転職エージェント+リクナビアプリといった使い方がベストだと思います。

マイナビ

転職サイト(アプリ)

■率直な感想

  • 多彩で細かい機能が沢山ある。
  • 1人ひとりに合わせた求人検索のやり方が用意されている。

■良かった点

  • おすすめ企業の「気になる」「気にならない」を左右にスワイプして仕分けできる機能がお手軽
  • 転職フェアなどの欲しい情報やイベント情報が常備ボタンに設置されている。

■物足りなかった点

  • 「機能やサービスが多彩なこと」が逆にわかりづらい。
転職エージェント

■率直な感想

  • 理想より現実重視のアドバイスが印象的。
  • 可能性のある求人の中で、希望に近いものをしっかり探してくれる。
  • 冷静な印象

■良かった点

  • 経歴やスキルを考慮して、転職可能な求人を提示してくれる。

■物足りなかった点

  • 特になし。(現実的なアドバイスが欲しかったこともあり、それ以上を求めるものはありませんでした。)
Dainoske

マイナビエージェントは、しっかり自分の能力を見てくれる印象が強かったです。

※当時の僕が前述のスペックで利用した時に感じた感想です。特に転職エージェントに関しましては、アドバイザーさんの個人差はあると思いますので念のためご了承ください。

またここに書いているサービスが全てではないです。

職務経歴書の添削や面接対策、選考中の交渉などは2社とも最大手のレベルのものでした。

大手転職サービスをこのように利用して転職は成功した。

結論から申します。

リクナビNEXT+マイナビエージェントで業界大手の上場企業(総合職)に内定が決まりました。

転職成功で年収は60万ほど上がり、帰宅時間も早い会社に入社することが出来ました。(元々年収は平均値くらいだったので少し頭が出たくらいの年収アップですが)

かっこいいお父さんという目標と、企画の仕事がしたいという希望も叶ったかなと思います。

20代2回目の転職としては成功といってもいいのかなと自分では思っています。

実際に内定を勝ち取ったのはリクナビNEXTのほうでした。これは稀な方ですかね。

エージェントからアドバイスをもらいながら応募までお願いしていたんですが、自分でもハードルが高い求人をリクナビNEXTで眺めていたら、気になる企業があったので応募。

エージェントの方でも選考が進んでいた堅実な企業がありましたが、リクナビで内定が取れてしまったのでこちらを選びました。

大手転職サービスを複数登録するのが賢い転職のやり方。

ここまでリクナビとマイナビの転職サービスについてレビュー含めご紹介いたしました。

僕の成功経験から、【大手転職サービスは複数登録して使い分ける】ことをおすすめしたいと思います。

情報収集用または応募ツールとしても気軽に使える転職アプリ。

入社後を見据えて、スペックを考慮した転職アドバイスをもらうためのエージェント。

上記のような考えで複数登録することで、有意義な転職活動ができると思います。

どちらも内定を勝ち取れる可能性がありますので、2回目の転職でも気負いせずにどんどん利用したほうがいいと僕は思います。

他にも下記に転職エージェントの記事をご用意しておりますので、合わせて読んでみてください。

みなさまの転職活動が有意義な運びになりますように。

あわせて読みたい
【未経験の転職徹底比較】おすすめ転職エージェントはこちら! 僕の転職は全て未経験で入社しています。 『業界未経験』『未経験職種』の転職です。 転職活動における未経験の職探しは、時間がかかるんじゃないかという懸念と、勝率...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる