MENU
目次
アーカイブ

【転職のお悩み相談】誰に?何を?窓口ランキングを作ろう。

転職ってホント体力と精神力を削がれますね。

『もう2度と転職はできないわぁ・・・』

なんて思っていたら数年後また転職活動してます。

ということも珍しくないですよね。

数年に1度は訪れる転職ウェーブ。

理由はどうあれ、転職活動は非常に疲弊します。

そのうちモチベーションが保てなくなります。

そして心が悲鳴をあげます。

最後にポッキリいってしまいます。

僕はこの経験がありまして、

普段は僕、無表情で声も低くリアクションも薄い人間なのですが、

初めて奥さんの前で啜り泣いてしまったことがありました。

どんなにお化け屋敷に行こうとも、どんなにサプライズをされようとも、

微動だにしない冷徹な男が崩れた瞬間でした。

この時の僕の転職活動は、

当時の転職活動
  • 転職エージェント1社のみを頼る
  • 誰にも転職について相談せずにスタートをきり、誰にも悩みを見せずに走り続けた
  • 転職場所は、東京〜大阪間ほどの広域で活動(出身地と現住地が異なるため)
  • 当時の会社がブラックで拘束時間が長かったため、転職にあてられる時間がかなり少なかった

大まかに上記の状況でした。

色々と重なったんでしょうか。

当時の僕は、自分自身でも何故泣いてしまったのかわかりませんでした。

少し時間を置いて、いつの間にか奥さんに辛い事や悩んでいることをポツポツと話していました。

すると、いくらかマシになった気分になりました。

また頑張ろう!とまでは行かなくとも、

今までやっていた転職活動を維持できるくらいにはなった気がしました。

今、1人で頑張って、抱え込んでしまっているあなた。

そのまま続けていても、あなたの頑張りは報われます。

ですが、予防線は張っておくようにした方がいいと思います。

僕のように何も泣くところまでいかなくても、危ないと思った時にちょこっとだけ、吐き出してみましょう。

そしたら辛い転職活動も、辛抱できますから。

前置きが長くなりましたが、ここで自己紹介をさせていただきます。

ダイのすけ

30代サラリーマンです。
ベンチャー→中小→上場企業に転職経験があります。

未経験職種、未経験業界の転職を複数行なっています。

なので浅く広くですが、多種多様の経験を積んでいます。

リアルでは寡黙、ネットではサイコな一面を持っています。

他にもこのような記事を書いています。

合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
【転職が辛い時期の乗り越え方】30代転職経験者が語ります。
【転職が辛い時期の乗り越え方】30代転職経験者が語ります。この記事では、転職で日々辛い時期をお過ごしの方のために、ストレス発散方法やモチベーション維持の手段をご紹介したいと思います。はじめに、僕の自己紹介からさせて...

まだ私は大丈夫っ!

ダイのすけ

まあまあ、そう言わずに。

目次

転職相談の窓口はどこまで考える?

辛い転職活動。

将来へのステップアップのためですが、やっぱりキツイ。

ポッキリ行く前に、自分のために予防線をいくつか候補に考えておきましょ。

お父さんでも、お母さんでも構いません。

話しやすい方にいざって時に話せればいいんです。

僕は遠方に住んでいたので、中々相談できませんでした。

最終的に頼れるところはここだと思います。

兄弟

上の兄弟がいたらいいですよね。

社会人として先輩ですし、自分の未熟なところを先輩社会人として見てもらいながら、家族としても頼れるんですから。

日々溜まっていく悩みを、小出しに話せる相手かなぁと思います。

妻、夫、恋人

あなたを愛してくれている人。

1番近くにいる人。

話を聞いてもらうだけで落ち着けるはずですよね。

見栄を張らずに、1番初めに相談したい人です。

友人

親友から友人まで、様々だと思いますが、

悩みを聞いてくれて、口外しない人がいいですよね。

転職経験者なら、間違いなくアドバイスもらえると思います。

相談相手次第でやる気をもらえるはずです。

転職エージェント

専門的な相談はやはりここで。

自分なりの転職活動における戦略、対策を考えてくれます。

しかし、ポジティブな相談をしていかないといけませんね。

ネガティブな相談だと、エージェントさんも複数の転職希望者を抱えているので、後回しにされてしまうかもしれません。

合わせてこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
【20代後半・30代で転職成功】利用しておきたい転職サービス
【20代後半・30代で転職成功】利用しておきたい転職サービス20代後半から30代の転職希望者は、どのように転職活動をしたらいいのでしょうか。社会経験は5年以上。この時期の転職は大きなターニングポイントになります。妥協して結...

転職相談サービス

こちらも転職エージェントとほとんど同じ機能になると思いますが、

「アドバイザーに相談する」というところに重点をおいています。

上記の看板や広告を目にしたことありませんか?

転職サービスが多様化・自動化している中、しっかり相談しながら転職サービスを受けられるという内容です。

自分の窓口ランキングを作ろう。

ここまで紹介した人以外でも、相談窓口がある方もいらっしゃるかと思います。

そちらも含めて、段階的に相談窓口を設定しておきましょう。

例として、僕の場合でしたら・・・

僕の相談窓口の段階設定
STEP
転職を考えはじめたら

奥さん
転職エージェント

STEP
成果が出ず焦ったら

奥さん
友人

STEP
転職が辛くなったら

奥さん

STEP
心が折れそうになったら

奥さん

STEP
心が折れたら

奥さん

奥さんへの絶大な信頼

僕のランキングは、多少偏りがありますが、

要するに誰でもいいので、レベルに応じて相談できる人を決めておきましょう。ということです。

決めておいたら、自然と話せるようになると思いますので。

自分1人で抱え込まないようにしましょう。

相談してきた人は全て、転職が成功した時に、一緒に喜んでくれる人に変わります。

1人で頑張って転職して、1人で喜ぶのも味気ないですよね。

一緒に辛さを共有した分、喜びを分かち合えるのって、幸せじゃないですか。

もし、悩んでいる方がいらしたら、

こんな僕でも話を聞くだけでもできます。

抱え込まずに、少しでもいいから、吐き出してください。

みんなで喜べる日が来ますように。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる