MENU
アーカイブ

【小売からの転職】実体験をもとに成功の秘訣を教えます!

僕は、大学卒業後の第1社目に小売業の会社を選びました。

なぜ大切な新卒のカードを小売に使ったのかというと・・・

・自分の興味がある分野(アパレル)だったこと

・始めは現場だけど、ステップアップして管理職に登り詰めるビジョンを描いていたこと

・すぐに内定をもらえたので、残りの学生生活をエンジョイしたかったこと

上記3点が挙げられます。

そして大きく後悔しました。

僕が入社した会社は小売専門の小さな企業。従業員数は100人ほどでした。

ユメに描いていたサクセスストーリーなんて、存在しない会社。

なぜなら、会社規模が小さく組織が薄いために、管理職と呼ばれる人は5~10人程しかいなかったのです。

いくら新卒で社会経験がなくても、出世したとしても定年近くでも現場で働くことなんて目に見えていました・・・

入社してから半年で転職を決意しました。

Dainoske

そして30代前半、
現在の僕は大手企業の企画部所属の営業です。
(一般的には企画営業職)

ここまでキャリアを形成するのに、どのようにして行動したのか。

もちろん転職活動がメインになりますが、どのようにしてここまでに至ったのかということを、今回の記事にしていきたいと思います。

目次

【小売からの転職】小規模企業での日々

新卒でアパレル小売会社の現場、つまり販売職として就職。

販売職の1日は下記のスケジュールです。

早番のスケジュールですが、遅番は全体的に2時間遅くズレます。

会社の性質にも寄るところはあると思いますが、僕の入った会社は12時間拘束でした。

休憩に関しても、接客があるとなかなか抜け出せずにきっちりとした時間がとれません。

本来は昼時に60分、夕時に15分休憩できるように書面上の条件はなっていますが、

実際はせいぜい45分とれるかとれないかというところでした。

Dainoske

立ち仕事の上、長時間労働に疲れるという点は転職の理由のひとつです。

また接客も厄介で、会社への業務報告といった事務作業が集中してできませんでした。

全てが中途半端な気分がして納得いかなかったことが一番かもしれません。

【小売からの転職】決意後の行動

僕が転職を決意したのが入社して半年。

会社はそれなりのブラック。

今となってはすぐに転職したほうが、精神衛生的にも良かったんじゃないかと思いますが、

実際に転職活動を行ったのは入社してから2年半後です。

そして3年後に転職できました。

その2年半もの間、辛い日々を過ごしてまで何をしていたのかというと、

転職のための準備でした。

色々考えました。資格をとるために勉強するか・・・

結局、僕は根性がなかったので勉強することもできませんでしたが、

職務経歴書に書けるネタを業務中に探すか、実績を作ることを選びました。

一応リスト化すると、下記を2年半で行っていました。

職務経歴書のネタ集め
  • 販売職で手に入れたスキル
  • 自分が作った販売実績
  • 自分が行った店舗運営実績

極端に言うと、リストの3点を探して、作りました。

具体例は、下記の記事にしておりますので、よかったらご参考ください。

あわせて読みたい
【販売職の転職】販売から営業へ。成功した人がやったこと 販売職として就職してから、お客様の対応に追われる毎日。 転職したいと奮起するも、ネットの情報では販売職の転職は難しいとの内容が多く 自分の過去を悔やみ、現状に...

もちろんネタ探しだけではなく、転職活動も同時並行で行いました。

転職エージェントにも無料登録しました。

転職先をどのように決めていくか。

ゆっくり自分のペースでエージェントの方にも付き合っていただきました。

僕はあまり自分の悩み事を友達や親には相談しない性格なので、

逆にプロに相談しやすかったのもあります。

Dainoske

なにもせずに無気力にただ漠然と転職活動をしていたら、
今の僕はいなかったと思います。

なぜすぐに小売からの転職をしなかったのか

なぜすぐに転職をしなかったのか・・・

それは、怖かったからです。

怖かった理由

・今まで努力をしてこなかった

・資格もスキルも無い

・僕の性格上、頼れる人がいない

・この生活に慣れてきてしまっている

・転職成功なんてウマイ話、本当なのか信じられない

上記がなによりも一番の理由だと思います。

あとはとってつけたように、前章で述べた経歴探しをするため。

または入社してすぐに辞める根性なしに見られたくなかったという

プライドでした。

【小売からの転職】脱却の秘訣とは

ここまで僕の小売会社での苦悩を書かせてもらいました。

結局のところ、転職できた秘訣ってなんだったのか・・・

ここまで読んでいただいた方ならわかると思いますが

総評すると、すぐに辞めなかったから

というところが脱却の秘訣ではないかと今では思います。

細かくリストにすると、

秘訣とは
  • 職務経歴書のためのネタ探し・実績作り
  • 3年間の社会人経験
  • 転職エージェントとの相談
  • 転職活動の一環として日々アンテナを張ること

これに尽きるのではないかと思います。

怖いからといって、日々漠然と転職活動をしなくて良かったと思います。

転職サイトに登録して、空き時間にスマホをいじっているだけでは進みませんでしたね。

ただし、自分1人でアンテナを張り続けても限界があります。

やはり転職エージェントの協力は不可欠でした。

無料で登録できる!
マイナビエージェント
マイナビエージェント
マイナビエージェントの本格的な転職サポートの強みが発揮されるのは、応募企業が決定してから。応募企業に沿った応募書類の添削や、面接日の日程調整はもちろん、ご希望に応じて各企業の選考の傾向を踏まえた「面接対策」も実施。面談では、社風や職場環境など、募集要項だけでは分からない生(なま)の求人情報を直接ご提供します。

上記がお世話になった転職エージェント・転職サービスです。

登録は無料ですし、一歩踏み出すための相談だけでもしてくれたこと

僕にとっては大きく変わることになりました。

今では何度もお世話になっていますが。笑

あわせて読みたい
【20代後半・30代で転職成功】利用しておきたい転職サービス 20代後半から30代の転職希望者は、どのように転職活動をしたらいいのでしょうか。 社会経験は5年以上。 この時期の転職は大きなターニングポイントになります。 妥協し...

こちらでも転職サービスについてレビュー形式でまとめております。

よかったらご参考に読んでみてください。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

【小売からの転職】おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

やはり何か行動するときは、1人ではいつかは壁にあたるものですよね。

ここまで読んでいただいた方は、少なくとも行動に移す準備がある方だと思います。

僕のように相談できない方も中にはいらっしゃると思います。

そんな時は、簡単に相談できる他人という位置づけの丁度良いサービスもあります。

今は辛いと思いますが、何もせずに漠然と転職を思っているだけでは、

理想の将来は描けません。

何か行動するべきだと僕は思います。

どうか良い転職になりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる