MENU
アーカイブ

【20代後半〜30代に読んでほしい】自分に合う仕事の見つけ方

転職で大きな基準になる「適職」かどうかということ。

本当に自分に合っている仕事なのか、会社なのか。

あるいは、現職は「自分に合っている仕事」なのか。

この記事では、自分に合っている仕事の見つけ方と判断基準をご紹介していこうと思います。

またチェックリストを設けますので、それを参考に仕事を見つけていただけるようにいたします。

この記事はこんな人におすすめ!
  • 転職を考えているけど、自分に合った仕事がわからない
  • 転職したけど失敗。本当に自分に合った仕事をしたい。
  • 今の仕事は自分に合った仕事なのかわからない。

『転職なら転職エージェント』

これは今や当たり前の構図ですが、頼りきりではいけません。

転職エージェントに頼りきりで、理想ばかりを要求した結果、

自分に合っていない仕事・会社に転職してしまった僕が実証済みです。(汗

ここで僕の失敗した経験を簡単にご説明させていただきます。

新卒で販売職から始まった社会経験。
3年目に転職エージェントへ。
「現場はもう嫌だから現場に指示できる管理系の職がいい。」
業界・職種未経験で管理系事務職に転職。
今まで直感的な作業しかやったことがないので大苦戦。
すぐに上司に見定められ、別の部署へ異動。
「こんなはずじゃなかったのに・・・」

こんな状況になる可能性がありますので、

「自分に合う仕事」を自分でもしっかり把握していなければいけません。

また上記でもわかるように、

「理想の仕事」「やりたい仕事」=「自分に合う仕事」ではありません。

転職の失敗談という形でお話しいたしましたが、

これは転職を考えている段階の人や、今の仕事についてどうなのか知りたい人にとっても

貴重な情報になると思います。

「理想の仕事」や「やりたい仕事」が別にあると思っている人でも、

もしかしたら実は今の仕事が自分に合っているのに、気づかずに転職をしてしまう危険があるかもしれません。

そうならないよう、チェックリストに目を通してみてください。

目次

自分に合う仕事の見つけ方ー職種と商材で判断すべしー

転職エージェントに任せきりではいけない。

自分で、自分に合う仕事を把握しておかなければいけません。

自分に合う仕事が何なのか。

判断基準は「職種」と「商材」です。

転職を複数回繰り返した僕が、その経験から自信を持って言います。

判断基準は「職種」と「商材」です。

職種が1番大事

「仕事」という言葉に1番近い用語は「職種」だと僕は思います。

「何の仕事してるの?」という問いに1番具体的に答えられるのが職種ですね。

職種はたくさんあります。営業職、事務職、サービス職、クリエイティブ職、技術職、研究職・・・

僕が今挙げた職種は代表的な職種で、そこから更に枝分かれしていきます。

人生で経験できる職種は7〜8種いけば多いかなというところだと思いますが、それでも経験しきれないほどの職種が世の中には存在します。

そんな中から、自分に合う職種を見つけなければいけません。

ではどうしたら・・・・

ポイントは性格と体力と過去の経験です。

POINT
  • 性格・・・「明るい・普通・暗い・特殊」
  • 体力・・・「ある・普通・ない・体を動かすのが好き・体を動かしたくない」
  • 経験・・・「前の仕事・学生時代の部活動・趣味・特技」

大まかなポイントとなりますが、自分がどのような傾向にあるのかを把握し、各職種の情報と照合して、自分に合う仕事を見つけるといいと思います。

※ジャストフィットする職種はなかなか見つけられません。妥協できるところできないところのボーダーを決めた方がいいと思います。

+商材をイメージすることで自分に合う仕事が見えてくる

自分に合う職種の方向性が決まれば、50〜60%はクリアしていると思いますが、もう一つ重要なものは「商材」です。

自分の会社が何で商売しているのか。

自分が興味のある商売か。

POINT

自分が興味のある商材であれば、やりがいを感じることができます。

「この商材で社会貢献している会社に所属している。」

「もっと自社商材を広めたい」

という意欲があれば、仕事は楽しくなるはずです。

自分に合っていて、好きな商材なら仕事は楽しいですよね。

自分に合う仕事の見つけ方ー条件・業界・会社規模はエージェントー

転職エージェントに任せた方がいいところ

「転職エージェントに頼りきりではいけません」と前述しておりますが、

条件、業界、会社規模は転職エージェントとしっかり相談したほうがいいです。

なぜなら

「業界研究」や「選考のやり取り」は非常に体力と時間を費やすからです。

現職をこなしながらとなると精神的にも参ってくるので、転職エージェントに頼りましょう。

POINT

希望条件・希望業界・そして希望職種をエージェントと打ち合わせして決めておけば、

絞り込んで求人案件を提案してくれます。

こちら側は簡潔に「興味ある」「興味ない」の2択で終わらせることができます。

さらに、選考に進んだ企業には転職エージェントからプッシュをしてもらえるので、

この点に関しては頼っていいと思います。

実際に僕も仕事をしながらの転職活動で1番助かったサポートです。

もし転職エージェントにまだ登録していない人は、登録だけでもおすすめをします。

無料登録+30分ほどの事前打ち合わせで2択できるようになります。

あわせて読みたい
【20代後半・30代で転職成功】利用しておきたい転職サービス 20代後半から30代の転職希望者は、どのように転職活動をしたらいいのでしょうか。 社会経験は5年以上。 この時期の転職は大きなターニングポイントになります。 妥協し...
あわせて読みたい
【20代の転職】ここに登録すれば間違いない!おすすめエージェントをご紹介 20代のみなさま、現在の会社はいかがですか? 社会人生活はいかがでしょうか。 『良い生活できてますよ。』と解答できれば、とても良い会社に就職できたんだと思います...

職場環境や人間関係はガチャ要素です・・・

職場環境、人間関係、こちらは転職エージェントでも見抜けないところがあるのか、

入社してみないとわかりません。

僕も何度も転職エージェントにお世話になっていますが、

「職場環境が悪いところ、悪い評判のところはあらかじめ除外して提案してください。」

というリクエストをすると、返答を少し濁されてしまうことが多かったです。

企業の口コミサイトでも確認した方がいいと思いますが、

同じ会社でも部署によって、または職場単位での良し悪しが書かれているので、

最終的には運になるのかなあと思います。

自分に合う仕事チェックリスト

ここでご紹介するチェックリストは、比較的に転職求人の多い職種となります。

また僕が経験した職種や身近にあった職種です。

活躍している人を間近で見てきているので、その特徴からチェックリストにしていきます。

営業職・企画職に向いている
  • どんな場所でも自信を持って発言できる
  • 相手の言いたいことを要約して考えることができる
  • 世間話から仕事のヒントを引き出すことができる
  • 日常にもアンテナを張って仕事に還元できる
  • 説明と納得させることが得意
  • 取引先とのやり取りは、直接会ってしたい
  • 思い立ったら行動するタイプ
  • 出張が好き
  • 商品が市場に並ぶまでの工程にやりがいを感じる
  • 売上や利益といった目に見える目標が欲しい
事務職に向いている
  • 指示通り動けたら達成感を感じる
  • 職場内のコミュニケーションが得意
  • 机の整理整頓や書類の整理が得意
  • オフィスソフトをマスターすることが好き
  • 前衛(営業)のサポートをすることでやりがいを感じる
  • データ分析や抽出作業に自信がある
  • 事務所で落ち着いて仕事がしたい
  • 個人プレーよりチームプレーが好き
  • 規律やルールを守るタイプ
  • 目の前の仕事に没頭できる環境がいい
販売職に向いている
  • お客さんの喜びを直に感じたい
  • 自分の城を作りたい
  • 店舗販促等、自分の考えが直に反映される場所で働きたい
  • じっとしている仕事よりも動いて仕事したい
  • 売上、利益といった目に見える目標が欲しい
  • 個人プレーもチームプレーも両方楽しみたい
  • 高度な商談よりお客さんへの接客販売の方が気が楽だ
  • 週5日連続で働くよりもシフトで適度に休日を入れたい
  • ‘売れる‘POPやポスターの作成が好き
  • ‘売れる‘店舗レイアウトを考えるのが好き
機械系工場スタッフに向いている
  • プラモデル等の組み立てが好きor趣味だ
  • 組み立てた機械が実際に動くところまでやり込みたい
  • 自分が組み立てたものに愛着が湧くタイプ
  • 原因究明などの細かいパターン化をする作業が好き
  • 黙々と作業をしたい
  • お堅い雰囲気で仕事をするのが好きじゃない
  • CADや電気、プログラム等の専門知識や技術を身につけたい
  • 日常で使っている機械の構造や仕組みに興味がある
  • 自分専用の工具やツールを揃えて職人のような仕事がしたい
  • 個人プレーもチームプレーも両方楽しみたい

上記チェックリストの10項目中7項目以上当てはまっている職種には適性があるといっていいと思います。

※各職種のイメージではなく、実際の業務内容を加味してリストを作成しています。

また上記の職種は最低でも月給20万円は稼げる職種です。(エージェントとの打ち合わせが必須です。)

転職でお悩みの方はご参考にしていただければと思います。

また、下記では僕の体験した職種の細かい業務内容などのレビューを行なっていますので、ぜひこちらも合わせてご参考ください。

自分に合う仕事は自分が1番わかってる

自分に合う仕事の探し方は、結局のところ「自分が1番わかっている」

僕の今回の記事であったり、他のサイトの記事であったり、転職エージェントであったり・・・

参考にすることは、転職活動における研究作業の一環として必ずやった方がいいですが、

情報だけでは実感が湧かないので、ぼやっとしてしまうと思います。

そこで一度自分の経験を振り返ってほしいです。

過去に経験した職種があれば、その職種を基準として適正診断を行なってみてください。
あるいはアルバイト経験や部活動経験でも構いません。
「自分の基準」はちゃんと持っておいたほうが転職活動においても、相手側に「しっかりしている」印象を与えてくれると思います。

最後になりますが、この記事のまとめをして締めたいと思います。

自分に合う仕事の探し方まとめ
  • 職種は自分のポテンシャルに合わせて考えていくこと
  • 好きな商材を扱っている会社なら、+αで仕事の楽しさややりがいを得られる
  • 転職エージェントに頼るところは、「業界・企業情報」、「条件面・選考の交渉」
  • 過去の自分の経験を活かして、基準を作ること

みなさまがご活躍できる仕事に出会えることを願って、結びとさせていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる